最新情報 Topics

【福永弁護士】スピード違反での反省文は有効か?について弁護士ドットコムニュースで解説しました。

速度超過などの交通違反は、「反省文」で軽くなる・・・そんな「都市伝説」のようなものを聞いたことはありませんか。

今回、弁護士ドットコムニュースでは、「「親が倒れたと聞いて…」一般道を108キロで走行…スピード違反で「反省文」は有効か?」というテーマを取り上げ、当事務所の福永敬亮弁護士が解説しています。

 

記事はこちら 「親が倒れたと聞いて…」一般道を108キロで走行…スピード違反で「反省文」は有効か?

 (イメージ画像)

記事では、ある男性が、「親御さんが倒れた!」という連絡を受け、制限速度50キロの道路を108キロで走行したという例を挙げ、量刑や上申書について解説しています。

是非ご覧ください。

Recommend 関連記事