事務所の特徴 Features

鶴瀬 弘太朗Kotaro Tsuruse (第一東京弁護士会)

鶴瀬 弘太朗

約4年半、製薬企業の法務部門にて、企業内弁護士として、研究、開発、生産および営業という製薬事業の本流となる部門だけでなく、事業開発部門、海外事業部門および経営企画部門その他間接部門が関わる契約書審査および作成、社内規程の整備支援ならびに法律相談の業務に従事して参りました。

今後は一つの企業を内からサポートすることだけでなく、より多くの個人や企業の方の問題解決に法的側面から支援できるようになりたいと考え、平成30年10月より丸の内ソレイユ法律事務所に参画することといたしました。

企業内法務の経験を活かし、事業を営まれている企業や個人の方が必要とするサービスをタイムリーにご提供するとともに、日常生活に関わる様々な問題でお困りの個人の方に信頼いただける存在になれるよう日々精進して参ります。
何かお困りごとがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

経歴

学歴 平成15年3月
平成19年3月
平成22年3月

富山県立高岡高等学校 卒業

横浜国立大学 経済学部 経済法学科 卒業
横浜国立大学大学院 国際社会科学研究科 法曹実務専攻 修了

職歴 平成26年4月
平成30年10月
協和発酵キリン株式会社 入社
丸の内ソレイユ法律事務所 入所
弁護士会活動
その他活動
平成26年~現在
平成30年10月

第一東京弁護士会 国際交流委員会

医薬品企業法務研究会 
MA・臨床開発研究部会 オブザーバー