解決事例 Cases

相場より高い慰謝料額で合意に至った事例

状況・背景等

依頼者である妻は、夫の不貞を疑っており、相手方女性に慰謝料を求めた。確たる不貞の証拠はなく、相手方女性は不貞を否定していた。

実施したこと

依頼者の受けた精神的な苦痛を考え、できる限り高額の慰謝料を払ってもらうことを目標に、相手方女性と電話および手紙にて金額交渉を行った。

得られた結果

相場よりも高額の慰謝料で合意することができ、依頼者にも大変満足していただくことができた。

実践のポイントと留意点

不貞の確たる証拠がなかったため、相手の出方を見極める必要があったが、相手方女性は不貞を否定しながらも、慰謝料を払うことには最初から応じていた。
一回目の金額交渉にて、当方は相場よりも高い額を提示、それに対して相手方女性は低い額を提示してきたが、その額でも証拠がないことを前提とすれば充分な金額であった。相手方女性も早期解決を望んでいたため、もう少しギリギリのラインを攻められると考え、提示額に上乗せした額の合意書を作成し送付した。
相手方女性からは上乗せした金額のまま合意書が返送されてきたため、依頼者が想定していたよりも高額の慰謝料を支払ってもらうことができ、大変満足していただくことができた。

Recommend 関連記事