解決事例 Cases

愛人が子どもの認知を求めないことを合意させた事例

状況・背景等

夫が数年にわたって不倫関係を続けていた女性が妊娠した。妻は慰謝料の請求よりも女性に夫と別れてもらうことを強く望んでいた。女性は別れることは約束できないと回答したため、妻は、女性からは子どもの認知を求めないことを要望し、金額にはこだわらないものの慰謝料を請求することとした。

実施したこと

夫の不貞と交際相手の妊娠に直面し、傷ついた依頼者の思いを大事にした。「女性にはできる限り家庭に影響を与えないでほしい」という強い思いに従うべく、女性と交渉を重ねた。

得られた結果

100万円の不貞慰謝料と「(女性からは)認知を求めない」とする合意書

実践のポイントと留意点

夫から女性の妊娠を告げられたものの、依頼者である妻に離婚や慰謝料請求の意志はなく、「夫と別れ、子どもも含めて、今後一切かかわらないでほしい」と強く希望。しかし、女性がそれを拒否した。
そこで、認知を求めない合意と慰謝料請求を行うこととなった。裁判になればもっと高額の慰謝料を得ることができる事案であったが、依頼者が認知を求めない合意をすることを重視していたため、最終的には100万円の慰謝料と、「女性の側からは子どもの認知を求めないことを約束する」という文言を入れることで合意した。

Recommend 関連記事