解決事例 Cases

四輪対二輪の解決事例

四輪対二輪の解決事例

 

37歳の男性が、見通しの良い国道左車線を走行中、前方に左折しようとする車両があったため、減速して停止したところ、後方から追突され、頸椎捻挫の傷害を負った事例。保険会社の提示額は、148万円でしたが、交渉の結果、175万円で和解が成立しました。

Recommend 関連記事