最新情報 Topics

弁護士阿部の記事がメディア掲載されました。

弁護士阿部の記事が、「不動産経営博士」の情報誌に掲載されました

賃貸物件を持っていた両親に代わり、その子供たちが「2代目大家さん」となるケースが年々増えています。近年こうした問題に加わってきているのが「認知症になってしまった親からの賃貸不動産の継承」です。

認知症の両親から賃貸物件を継承した場合、権利義務関係や財産管理、賃貸借契約などの重要事項が判断できないことが間々あります。代替わりに伴い、管理会社や賃貸契約書を変更したいときなど、果たして賃借人は応じてくれるでしょうか。継承した「2代目」は、どう対応していくことがいいのでしょうか。

「不動産経営博士の情報誌 大家倶楽部 2019年春号」では、そんな問題について、当事務所所属の阿部栄一郎弁護士が回答を寄せています。

賃借人と賃貸人の双方の立場から、分かりやすく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

記事はこちら

Recommend 関連記事