最新情報 Topics

弁護士阿部の記事がメディア掲載されました

改正民法が、賃貸業における連帯保証契約に大きな影響を与えること、ご存知でしたか?

不動産経営の情報誌「大家倶楽部」の最新号の特集「不動産経営の今と未来を考える」に、当事務所弁護士、阿部栄一郎が寄稿しています。

賃貸借契約を結ぶ際、ほとんどの場合、連帯保証契約が締結されますが、今回の改正民法によって、きちんと「極度額(限度額)」を定めなければいけなくなります。また、その定められた額が適切かどうかも今後の課題となってきます。

こうした改正は、保証人保護の要請から規定されており、債権者である大家の皆様からすれば負担となるかもしれません。何がどう変わり、どう対応すべきなのか・・・
賃貸経営をされている法人の方はもちろん、個人の「大家さん」、是非参考にご覧くださいませ。

記事はこちら

Recommend 関連記事